記事の詳細

上村親志という名を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。彼はかつて小さな町の中学教師として働いていたのですが、その後教師を辞めて海外に渡航、そのままエッセイストになってしまったという変わり種です。もともと彼はエッセイストになりたいという夢があったようで、現在ではその夢が叶った形となりました。

■上村親志の生い立ち
実は彼の両親も教師という職業に就いていて、教師である両親に彼は育てられました。父親は非常に厳格な人物で知られていましたし、母親も教育には熱心な母親でした。両親共に教師という仕事に情熱とやりがいを持っていましたし、聖職として敬っていた感もあったようです。そんな環境下で育った彼ですから、自然と教師という職業を目指すようになったのも何ら不思議なことではありません。しかし、本当の彼はエッセイストという夢を心に抱いていたようで、決して自ら本当になりたくて教師になったわけではなかったようです。

■斬新な作品を多数世に出す
海外から帰ってきた彼はエッセイストとして本格的に活動を始めました。もちろん、教師を辞めたというだけでも両親の怒りは相当のものだったようですし、エッセイストという職業に対しても両親は好意的ではなかったようです。しかし、そんな両親を後目に上村親志は次々と斬新な切り口のエッセイを出版していきます。彼の作品は世間でも評価が高く、今までにないタイプのエッセイだとも評されているのです。確かに、彼の執筆するエッセイには新しい風を感じてしまいます。

■意外な趣味
上村親志はエッセイストとして活躍するかたわら、趣味で音楽活動も行っています。と言っても、ライブハウスでライブをするというようなことではなく、ギター一本抱えて野外弾き語りなどをしているのです。これも実は彼の隠れた趣味の一つで、教師時代にも時折変装して駅前や公園などで歌っていたようですね。こうしてストレスも解消していたということです。彼にはエッセイストとしての才能がありましたが、実は音楽の才能もあったのではないか、と思えるくらい歌とギターは上手です。

上村親志はこれからもより沢山の作品を世に送り出してくれるでしょう。その作品を楽しみにしている人々は沢山いますし、熱心なファンも今では沢山います。また、彼がかつて受け持っていたクラスの生徒なども彼を応援しているようで、彼が作品を出版するたびに生徒が購入しメールで教えてくれるようです。

上村親志は教師時代の経験を活かして転職

このように上村親志の人生を見ていると本当に人生は何があるか分からないからおもしろいと思います。彼の両親も教師だったということで彼も自然と教師になりますが、そこで安泰だと思わないで教師の職を捨ててエッセイストになった彼の決断は本当に大変な決断だったはずですが、それでも1度きりの人生だからこの職業をしてみたい!という思いが強くて教師からエッセイストになったのです。

上村親志の両親は厳格で教育熱心でしたから自然と子供にも教師になってもらいたいと思っていましたし、その期待に応えて息子も教師になって親も本当に喜びました。しかし上村親志だけは教師という職業に疑問を感じながら教壇に立っていました。そして時間の流れとともに自分は教師ではなくて学生の頃から憧れていたエッセイストになってその仕事に没頭したいと思うようになったのです。

このように親の反対もあった上村親志は親と同じ職業の教師という職を捨てて、本当に自分がやりたかった職業のエッセイストになったことで新たな彼の人生の1ページを作り上げた瞬間だったのです。これからも教師の経験を活かして誰からにも愛されるエッセイストとして活躍されることが期待されています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る